新たな時代を生きるロータリー

2021-2022年度国際ロータリー2620地区
 小林總一郎ガバナー(甲府北ロータリークラブ)

例会が再開でき,これまでのような活動ができるようになった時、クラブはどのように動けば良いのか,こんな時だからこそクラブのこれからの姿を皆で考え話し合い決めていく良い機会になると思います。
 これを言葉としてまとめるのは、やはりクラブ戦略計画書です。 これは、クラブのこれからを考え、どのような運営をしていくのかを考えるきっかけになります。
クラブを新しくしていきたいと思っている人もいます。一方でなんとなく停滞感を感じながらも、この機会にクラブを新しくしていきたいと思ってる人もいると思います。「コロナが終息した世界はもう元には戻れない」と WHOのテドロス事務局長が発言していますが、クラブも同じだと思います。
 新たな世界生活様式と表現されますがそれはクラブも同じで、多分コロナで孤立を余儀なくされ、奉仕活動もままならなかった会員が家に留まってきたことによる心的変化が原因だとだ推測します。しかしコロナ禍をはねかえし、プラスに転じるには、これからの時代にクラブをこんな風にしていきたい、というビジョン(戦略計画)を共有し、そこを目指して一歩も二歩も歩み出して行く地道な行動が必要だと思います。
 意識を共有し一緒に行動してクラブを活性化させることだとおもいます。でもこれが難しい。いわゆるモチベーションギャップもあれば年齢ギャップもあります、ですからこれらをどう扱うのかというところに戦略計画があります。
 つまり一人一人がクラブの将来像を共有して各々が役割を担いそこに向かって実際行動を起こせる計画を作るということです。皆の力を集めることもできるクラブとして with コロナの中で自分たちはどのように進んで行くべきかを考える時ではないでしょうか。
 お互いに共通意識の基にクラブを活性化させて例会を尊び気心の知れた仲間と一緒に楽しい活動をして、地域のお役に立ちながら自身を高めていくこれをクラブ委員会活動としてどのように落とし込んでいくのかが委員長のやるべきことだと思います

2020-2021年度ホームページより要旨抜粋
2021-2022年度2620地区ホームページ